ブログ

査証とは

査証は日本に上陸するために必要!!

 

 査証は、在外公館による推薦 

日本に上陸しようとする外国人は、原則として、有効な旅券(パスポート)に、日本国大使館又は総領事館の長の発給する査証を受けたものを所持する必要があります。

例外として、

①査証が免除されている国(条件あり)
②再入国許可を受けている

があります。

 

査証は、日本へ入国前に事前取得するものです。

申請書、旅券、写真のほかに、入国目的を証明する資料が必要となってきます。

しかし、査証を取得したからといって、日本への入国が保証されたわけではありません。

あくまで、査証を発給した日本国大使館又は総領事館の長による“推薦”という性質です。

入国が保証されておらず、単なる推薦といった性質ですが、日本へ上陸するための条件のひとつとなっているので、必ず査証を取得しましょう。

 

 査証には入国目的が特定されている 

査証には、

①外交 ②公用 ③医療滞在 ④高度専門職 ⑤就業 ⑥一般 ⑦特定 ⑧短期滞在

があります。

それぞれの査証には、入国目的が特定されています。

日本で行う予定の活動に合致した査証を取得しなければ、日本へ行っても上陸許可が認められません。

さて、今回は査証について簡単に説明してみました。

ところで、世間一般で使われている”ビザ”という言葉は、”査証”という意味では使われていないことが多いです。

在留資格のことを”ビザ”と呼んでいる方々がほとんどです。

「ビザの変更」や「ビザの延長」といった感じで使用されています。
正式には、ビザ=査証なので混乱するかと思いますが、ご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る